思い出の音ゲー曲を語る:THE LAST STRIKER

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
beatmaniaIIDX

「THE LAST STRIKER」は、beatmaniaIIDXの楽曲。(公式曲紹介ページ)

DP界隈には思い出深いって人は多いと思う。というのも、段位認定のDP八段の最後の課題曲がいつもこの曲のANOTHER譜面で、それはもうめちゃくちゃ難しかったから。
SP七段が「サファリ(THE SAFARI)ゲー」と呼ばれるのと全く同じように、「DP八段はラスストゲー」なのである。

だってBPM185の8分の速さで左右合わせて4〜5個のノーツがドドーッだよ。それに加えて16分もたくさんくっついてくるし。見えないし押せない。
終盤には左右で全く同じ譜面を叩かせる地帯があって、これまた押せない。(簡単じゃんって思われそうだけど、実際は叩く指が左右で異なるから難しいのだ)

参考動画

というわけで、当時DP七段だった自分も例に漏れずこの曲には悩まされた。
この譜面ってレベルは10なんだけども、結局DP八段に受かったのはレベル11の譜面がぼちぼちできるようになってからだったなあ。その段階になるともう九段が見えるんだよね。だから八段→九段はすぐだった。
(九段は九段で、Sakura Reflectionという問題児がいたわけだけど…)

まあ散々苦しめられたDPA譜面だったけど、「ずっと段位認定の課題曲に採用されている=実力を測る上で最適な良譜面」ってことなんだと思う。実際DP八段受かってからも割とお世話になったし。
もし読者でDPを嗜んでる人がいれば、ぜひ目標にしてほしい譜面だなあと。

この理論だとTHE SAFARIのSPH譜面も愛すべき良譜面ってことなんだけどどうなんだろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。