手順通り動くことはすごく高度な技術らしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
SE

パソコンを使う作業があって、目の前には手順書がある。特に知識が要求されるわけではなく、ただ単純に手順書通りに作業を行えばよい。

このような状況でも、なぜかちゃんと作業ができない人が相当数いる。
普段意識したことがなかったが、どうも「手順通りに作業をする」ことはかなり高度な技術らしい。

ついさっき、母親の働き先(居酒屋)から頼まれてパソコン周りの作業を手伝いに行ってきた。話を聞けば、どうやらパソコンを新しく買ったためデータの移行を行いたいのだそうだ。

筆者はそこまでパソコンに詳しいわけでもないし、データの移行をやったこともない。正直ちゃんと助けになれるかどうか不安に思いつつ、現地に赴いて状況を聞いてみた。
ちなみにお店の方々は全員あまりパソコンを使いなれていない層だった。

お店:いやーすみませんねわざわざ!

筆者:いえいえとんでもないです、どうしました?

お店:古いパソコンのデータをね、新しいパソコンに移そうと思ってて。

筆者:ええ。

お店:LANケーブル買ってきて本見ながらやろうとしてるんだけど。

筆者:ええ。(そうきたか)

お店:うまくいかなくてねえー。

筆者:はあー。

お店:なんかこのツールを古いパソコン側に持ってくらしいんだけどね、ダメなんだよねえ。

筆者:(なんだツールがあるのか)とりあえず本見せてください

〜筆者本を見る、するとツールの使用手順が詳細に書かれている〜

筆者:手順あるんですね!

お店:そうなんだけど、どうもダメでさー。パソコン古いからかな??

筆者:とりあえず最初からやってみましょう。

〜筆者手順通りに操作する〜

筆者:………

お店:………

筆者:………できましたね

お店:あっれー??自分がやった時はこんな画面出なかったんだけどなあ……

筆者:………

…ということで、苦戦すると思われたこの作業はほんの数分手順通りに操作するだけで完了した

筆者は特段難しい作業をしたわけではない。ただ単に、本に書いてある手順通りに作業を行っただけだ。
お店の人は確かに言っていた、本を見ながらやっていたと。それでも彼はできなかったというのだ。

そういえば前にも似たようなことを聞いたことがある。クレカ関連システムの開発現場での話だ。

ある日いつものように働いていたら、隣のチームから悲鳴が聞こえてきた。誰かがバージョン管理システム上のデータを根っこから丸ごと消してしまったというのだ。
犯人は1年下の後輩SE。事情を聞くと「手順書通りに開発環境の構築をしていたら消えてしまった」とのことだ。
しかし後で上司が調べて見るとそもそもこの後輩、手順書を無視して全くの独断で作業を進めていたらしい。(だからあえて「犯人」と書いた)

ビジネスのトレンドは「自分で考えろ」「指示待ち人間は切り捨てろ」だ。しかし辺りを見回してみると、指示通りにすら動けない人がわんさかいるものだ。
これはつまり、指示通り動くことは実はとても高度な技術で、指示通り動くことができる人材は非常に貴重であるということではないだろうか?

そう考えたら自分はもっと自分の技術を誇るべきだったのかもしれないなあ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。