StarHorsePocket(スタポケ)の小ネタいろいろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
東京競馬場の写真

Twitterでたまーにつぶやいているが、StarHorsePocket(スタポケ)というアプリをぼちぼち楽しんでいる。
でもって、某Wikiを覗いてみると誤情報だらけで実に腹立たしい。多分あのWiki書いてる人ろくに遊んでない。

ということで、某Wikiよりはずっとアテになる小ネタを書き連ねてみる。

知らないと割と損する小ネタ

オススメレースから適性距離を判別する

出走レース選択で「オススメ」マークが付くのは、適性距離±200mのレース。例えば適正距離が1600m〜2400mの馬なら、1400m〜2600mまでのレースにオススメマークが付く。

オススメマークは適性距離が判明する前から反映されるため、パラメータ判明前でもどのレースにオススメマークがついているかで正確な適性距離を知ることができる。

適性距離からのズレによる影響

  • 200mのズレであれば、オッズはほとんど悪化しない
  • 400mのズレでも、多少オッズは落ちるが素質さえあれば1倍台前半は出せる
  • 600mズレると、どんなに強くても1番人気が取れるか怪しいレベルまでオッズが悪化する

±400mまでであれば十分ローテに組めるレベル。600m以上はさすがに辛い。

狙い目なWBC

ダントツでWBC LONG。ただし、適性距離の上限が3600mあればの話。多くのプレイヤーが中途半端な適性で挑むため、オッズが非常に良化しやすい。

同じ理屈でSPRINTとDIRTもおすすめ。MILE、CLASSIC、TURFはほとんどの馬の適性距離なのでオッズが出づらい。

調子を下げる飼葉

。つまり、ビール・黒ビール・限定ビール・馬券利益系の飼葉(ワインなど)。少なくともレース出走前には与えないようにしたい。

一方でその他の飼葉は調子を下げるなんていう働きはない。某Wikiは「成長促進効果がある飼葉は調子を下げる」などと宣っているが、とんでもない嘘である。

デビュー戦のオッズと成長型

デビュー戦のオッズは成長型(早熟、晩成)も加味される。そのため、相当強い馬で適正コースを走らせても、成長型が晩成であれば初戦で1.0倍つかないこともある。

デビュー戦のオッズが悪くて「うわっ引き外した」と考えるのは早計である。

レース間隔とオッズ

中1週(レース出走後2回調教)で少しオッズが悪化。万全を期すなら中2週がいいが、日本ダービー→英ダービーは素質さえあれば十分オッズは出る(1.5倍前後)のでやる人は多いかも。

一方で、レース間隔が空きすぎてもオッズが悪化する。ここでいう間隔は「放牧期間も含まれる」ので、目当てのレースまでずっと放牧→出走をやろうとすると思うようなオッズが出ない。(調教で「まだ本調子ではありませんが…」と言われる)

唯一仕上がりが維持されるケースは、WBC・SWBC遠征中。この間はいくら週が経過してもオッズに影響は出ない。
そのため、例えば凱旋門賞・ドバイWCにだけ出したいというのであれば

  • 凱旋門賞に出走
  • WBC登録
  • 遠征中に週を回してドバイWC付近まで持っていく(レース10週前くらい)
  • 遠征が終わったらドバイWCに出走
  • WBC登録……

という週の回し方が必要。

知らなくてもそこまで損しない小ネタ

ブリーダーズブリッジの色をより早く見る

WBC MILE、WBC TURFでカメラを3(バック)にすると、ブリーダーズブリッジの色がすぐにわかる。

まあ、スタポケでは演出大安売りなんでほとんど意味がないが。

「まくり」「直線一気」の脚質は(ほぼ)いつでも再現できる

主戦騎手を設定できるようになると、作戦指示で「強気に攻める」「じっくり待機」を選べるようになる。
「強気に攻める」だとまくり気味、「じっくり待機」なら直線一気と似た走り方になるので、わざわざパートナー調教で脚質を覚えさせる必要がない。

ただし、執筆時点では不具合なのか仕様なのかWBC・SWBCでは作戦指示が反映されない。現状、他プレイヤーにも見せつけたいのならパートナー調教が必須だ。

発走前の実況をスキップする

レース発走直前にゲートで流れている実況は、画面をタップすればスキップできる。

時間がないときにオススメ。

ラッキー馬主の効果

  • 限定ビールが毎週出現
  • 農園の育成所要時間が半分
  • レースで獲得できる厩舎EXP・ゴールド・株券EXPが2倍

農園育成時間半減は地味に効く。

以前つけた馬名を再度つける

殿堂馬に登録されておらず、血統内に同じ名前の馬名がいなければ、以前つけた馬名と同じ馬名を登録することができる。

期待の馬にかっこいい馬名をつけたがコケてしまった、という場合でも安心。

知ってても得しない小ネタ

アーケードと同じレース名表示演出が見られる

レース観戦ボタンを押した後、競馬場を背景に出馬表が表示される。ここで画面をタップすると即座に発走シーンに移るが、スキップせずにしばらく待つとアーケード版と同じレース名表示演出が見られる。

GIレースの演出が間近で見られるのでオススメ。また、アーケード版には存在しない香港ヴァーズ・香港マイルの演出もちゃんと用意されている。

次走提案で提案されるレース

通常は身の丈にあったレースやステップレースを進めてくるが、羽田盃に出走すると南関東三冠を意識した提案になる。

羽田盃の次は東京ダービー、東京ダービーの次はジャパンダートダービーという提案になるが、残念ながら南関東三冠を達成しても戦績には表示されない。

他出走馬の両親が見られる

レースの出走表で、走っている馬をタップ。すると画面が拡大し、出走表では見られなかった父馬・母馬を見ることができる。

当然WBC・SWBCでのプレイヤー馬の情報も見られるため、変な名前をつけていると他のプレイヤーに鼻で笑われる可能性がある。

 

このシリーズの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。