CocoaPodsを使ってみないか ④どうやってライブラリをインポートするのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
CocoaPods

iPhoneアプリ開発の勉強をしていると目にする単語、CocoaPods。何となく便利そうなのは伝わるが、どこを調べても何だか難しそうで、説明も不親切だ。

CocoaPodsどころかライブラリについてもよくわかっていない筆者が、CocoaPodsを使えるようになるまでを追うシリーズ。

今回やること

前回までで、ついにCocoaPodsをインストールすることができた。あとは実際にCocoaPodsを使ってライブラリのインポートを行うだけだ。

ということで、本記事では実際にCocoaPodsを使ってライブラリのインポートを行う手順を紹介していく。実際にライブラリを使用してコーディングをするところまでは進めない。
無事ライブラリのインポートが済んだら、晴れてこのシリーズも完結だ。

ライブラリのインポートを行う

今回は試しに「SwiftCharts」というライブラリをインポートしてみる。

Xcodeでプロジェクトを新規作成する

ライブラリを導入するXcodeのプロジェクトを、普段通り新規作成する。プロジェクト名・保存場所は自分がわかるものならなんでも良い。

筆者はとりあえずデスクトップ上に「libtest」という名前で作成した。

Xcodeを閉じる

せっかくプロジェクトを立ち上げてくれたところ申し訳ないのだが、一旦Xcodeを閉じる。

ターミナルとテキストエディタでPodfileを作成する

CocoaPodsでは、プロジェクトごとに「Podfile」というものを作成し、そこに使用するライブラリの情報などを書き込んでいく。
ここからはしばらくターミナルとテキストエディタの出番だ。テキストエディタはなんでも良い。

cdコマンドでさっき作ったプロジェクトのフォルダに移動する

コマンドで「cd さっき作ったプロジェクトフォルダのフルパス※1」を実行する。デスクトップ上に「libtest」という名前で作成した筆者の場合はこのようになる。

 

※1 アドレスがわからない場合は
「作ったプロジェクトのフォルダの中の任意のファイルで右クリック→情報を見る」
出てきたウィンドウの「一般情報」の中に「場所」があるので、そこに記載されている内容をコピー→ターミナルでペーストでOK。

Podfileのテンプレートを作成する

以下のコマンドを実行する。

すると、プロジェクトフォルダ内に「Podfile」が作られるはずだ。中身はこのようになっている。

# Uncomment the next line to define a global platform for your project
# platform :ios, ‘9.0’

target ‘libtest’ do
# Comment the next line if you’re not using Swift and don’t want to use dynamic frameworks
use_frameworks!

# Pods for libtest

end

なお、ターミナルはまだ開いたままにしておく。

作られた「Podfile」を編集する

作成されたPodfileをテキストエディタで開き、中身を以下のように修正する。※2

  • 2行目の「platform~」の行のコメントを外して、末尾の数字を「8.0」にする
  • 「#pods for libtest(プロジェクト名)」の下に行を追加し、「pod ‘SwiftCharts’, ‘~> 0.6’」と入力する

編集が完了したら、Podfileを保存してテキストエディタを閉じる。

※2 編集する内容の意味
2行目の「platform〜」は、作るアプリがどのiOSを対象とするかの指定。ライブラリの公式ページに「このiOSで動くよ」という記述があるはずなので、それに従う。
また「pod ライブラリ名〜」の文は、こちらもライブラリの公式ホームページに手順として記載されている。それをコピペすればいいはずだ。

pod installを実行する

ターミナルに戻り、作成したプロジェクトのフォルダ内にいることを確認して、以下のコマンドを実行する。※3

※3 pod installと似たコマンド
似たコマンドに「pod update」があるが、こちらは「Podfileに記載のライブラリのバージョンをまとめて更新する。記載のライブラリが導入されていない場合は、新規に導入する」というコマンド。
「pod install」はライブラリそのものの管理、「pod update」はライブラリのバージョンの管理と考えれば良さそう。

Xcode上でimport文を記載する

pod installを実行すると、プロジェクトのフォルダ内に「プロジェクト名.xcworkspace」が作成される。これをクリックし、Xcodeを開く。(今後はこのようにしてプロジェクトを開くことになる)

プロジェクトが開いたら、AppDeligate.swiftに以下のimport文を追加する。

(対処法)Cannot load underlying module for ‘ライブラリ名’というエラーが出る場合

「shift+command+[k]」でプロジェクトをクリーンし、「controll+[B]」で再ビルドすれば何とかなるはず。

無事ライブラリをインポートできました!

以上でライブラリのインポートは無事完了だ。CocoaPodsのインストールより少し複雑な手順になってしまったが、十分なんとかなる範囲の操作だったと思う。

これでCocoaPodsマスター、か?

ということで、ライブラリのラの字も知らなかった筆者はついにCocoaPodsを使ってライブラリをインポートすることができるようになったのであった。めでたしめでたし!

今回の連載では「理屈抜きにとりあえず導入」の方針で進めていったため、玄人様から見たらこいつ危ういなといった感じだと思う。
でも別にそれでもいいんじゃないかなあって筆者は思う。説明書がっつり読んでから手をつけるんじゃなくて、実際にいじりながら覚えていけばいいのではとか考えてる。

シリーズはひとまず完結だけれども、今後は実際にライブラリを使ってみて紹介する記事を作る、という流れになるのかも。ひたすら貪欲にかぶりついてみるかなあ。

 

このシリーズの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。