【弐寺】オススメのDBM譜面をちょっとずつ紹介していく②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
beatmaniaIIDX

beatmaniaIIDXの変わったプレースタイルの一つ、DBM(Double Battle Mirror)。やってみたいけれど「どの曲を選べばいいか分からない」「怖くて譜面の開拓ができない」という人はきっとどこかにいるはず。

せっかくなので、自分がプレーしてみて良かったなあと思った譜面をシリーズでちょっとずつ紹介してみる。

DBMって何?って人はこちら

「DBM」が何なのか知らないのにこの記事を開いてしまった人、聞いたことはあるけどよく分からないという人は以下の記事をどうぞ。

今回オススメする譜面

今回は何かと練習譜面になることで有名なdj TAKAの曲をピックアップ。その魅力はDBMの世界でも存分に発揮してくれる。

INAZUMA(HYPER)

Lv9、1860ノーツ。

嫌というほど片手トリルが練習できる譜面だが、難易度はLv9の中でも割と控えめ。削れたゲージはラスト8小節で大幅に回復できるため、安心して選曲できる譜面だ。

ちなみに同じLv9でもthunder穴は結構な難しさ。あちらは同時押し混じりの変則乱打の練習にはなるのだが。

Broken(HYPER)

Lv9、2078ノーツ。

片手での乱打・小階段を存分に練習でき、かつ密度もそれなりにある。そして難易度は終始ほぼ一定という、筆者イチオシのDBM譜面

乱打には時折Heavenly sun(灰)終盤のように同時押しも混ざるのがミソ。体力・集中力も鍛えられる素敵な譜面。

INORI(HYPER)

Lv10、2660ノーツ。

延々と単押しの螺旋階段を叩かせる、すごい疲れる譜面。配置は簡単だしBPMも抑えめなのだが、それはもう体力が奪われて大変。だって2660ノーツもあるんだもの。

ノート数の割には難易度が低いので、なんかすごいことをやってる気になりたい人にオススメ。という冗談はさておき、体力作りにはなかなか効果がありそう。
EX-JUDGE付きなら、途中でどうしてもダメになったらあんみつで誤魔化すのも簡単。

 

このシリーズの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。