【弐寺】オススメのDBM譜面をちょっとずつ紹介していく④

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
beatmaniaIIDX

beatmaniaIIDXの変わったプレースタイルの一つ、DBM(Double Battle Mirror)。やってみたいけれど「どの曲を選べばいいか分からない」「怖くて譜面の開拓ができない」という人はきっとどこかにいるはず。

せっかくなので、自分がプレーしてみて良かったなあと思った譜面をシリーズでちょっとずつ紹介してみる。

DBMって何?って人はこちら

「DBM」が何なのか知らないのにこの記事を開いてしまった人、聞いたことはあるけどよく分からないという人は以下の記事をどうぞ。

今回オススメする譜面

今回はLv7の譜面を特集。Lv7といえばDBM初心者の足がかり的なポジションではあるが、中にはかなり歯ごたえのある譜面も存在する。

I FIGHT ME(HYPER)

Lv7、1436ノーツ。

終始まんべんなく8分の1~2個押しが続き、時々16分のトリルも混ざる。

難易度は抑え目だし、何より演奏感が高いためやってて楽しい。DBMデビューしたての人にぜひプレーして欲しい譜面だ。

Crazy K.I.N.O.(HYPER)

Lv7、1192ノーツ。

易しい配置と難しい配置が交互に登場する譜面で、ラストは易しい配置。つまり、DBMならではの難所を拝みつつ最後はがっつり回復できる。こちらもDBMデビューしたての人にオススメな譜面だ。

ノート数は控えめなのでスタミナ切れの心配もなし。

Change the World(HYPER)

Lv7、1428ノーツ。

こちらは先の2曲と比べると少し難しめ。

同色階段(1357、246)がたっぷり降ってくる譜面で、特に曲の後半には休む間も無くひたすらノートが押し寄せてくる。忙しい譜面ではあるが、配置は簡単なので誤魔化しはききやすい。もちろん正確に叩ければ楽しいことこの上ないはずだ。

DBMに少し慣れてきたら挑戦してみよう。

Heavenly Sun (IIDX VERSION)(HYPER)

Lv7、1612ノーツ。

DBR(Double Battle Random)での練習曲として有名な譜面だが、DBMでもなかなか歯ごたえのある譜面が楽しめる。

後半は延々と16分乱打が続き、先へ進むと同時押しも混ざるためLv7としては相当難しい。Broken(HYPER)のDBMを、譜面傾向はそのままに少し簡単にしたという感じか。
しかし認識力やスタミナの向上にはなかなか役に立つ譜面だ。

DBRは歯が立たない、という人はまずDBMから始めてみては?

 

このシリーズの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。