[Swift3]現在の時刻を取得して表示する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Swift

以前にタイマー処理を使ってストップウォッチを作ったりタイマーを作ったりしたが、今回は「時計」を作る。

現在の時刻を「HH:MM:SS」形式で取得して、ラベルに表示する。

実装する

現在時刻を取得・表示する処理

DateFormatterクラスとDateクラスを使って、現在時刻を指定のフォーマットで取得する。
取得した時刻をそのまま表示すると午前0時から9時の間に「0H:MM:SS」と先頭に余計な0が付いてしまうので、それを取り除く処理も行なっている。

なおあらかじめストーリーボード上で時刻を表示するUILabelを配置して、Outlet接続をしておく。
フォントは等幅フォント(Courierとか)にしておかないと、時刻が変わるたびに文字の幅がガクガク動いてしまうので注意。

1秒ごとに「現在時刻を取得・表示する処理」を実行する処理

Timerクラスを使って1秒ごとに「時刻を取得・表示する処理」を実行するようにする。

完成したソース

動かしてみる

日を跨いでもちゃんと表示される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。