「カラーバーアプリ」審査落ちました(1回目)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カラーバーアプリのアイコン

※7/11、審査通過しました!
120円で24時間365日カラーバーを堪能できるアプリ「ColorBarMaker」

先日審査に提出したカラーバーアプリ「ColorBarMaker」、やっぱりAppleにリジェクト食らいました(1回目)。

リジェクトされたらとりあえず記事に、ということで今回の経緯と対策を。これカテゴリーにしてまとめようかなあ。

今回のリジェクト理由

Apple「これ何に使うの?」

今回のリジェクト理由は「Guideline 2.1 – Information Needed」、つまり「情報不足で審査できねーよ、いいから俺の質問に答えろ」というメタデータ却下。

じゃあ今回のApple様からの質問が何かというと。

What is your app used for?
(このアプリ何に使うの?)

すげー簡単な英語ですげー難しいこと聞くねえ。何に使うのってそりゃあ…鑑賞………うん…………

例のアレの気配を察知

筆者は思った。これはもしや「クソアプリ」予告(別名「恐怖の4.2」)なのでは??

よっしゃ。そうと決まれば先制攻撃だ。
ColorBarMakerの素晴らしさをこれでもかというくらい説いてやろうではないか。5000兆円アプリは説得で何とかなったし。

ということでAppleさん、これ読んでおいてください。

Hello, thank you for reviewing.
I’m sorry that I have not presented you much information about use case.

I suppose that customers use this app in these situations as follows:

1. Watch valuable scene and feel nostalgic
As I described in memo, people cannot watch color bar recently in Japan, because tv stations don’t broadcast it.
Indeed, people can watch past color bar on internet. But this app can reproduce variety of color bar.
Users can create color bar that they watched in the past, then feel nostalgic and become happy.

2. Use as direction(effect) by creators
There exists a person who wants to use color bar in movies, plays, performances, shows, art and so on.
It’s hard to make color bar, but this app makes user easy to prepare color bar. This app will help creator’s activity.

3. Show original color bar each other with friends
By using this app, user can make so many kind of color bar.
In general, people want to share on SNS when they create their own work. This app will stimulate their curiosity, and users will enjoy sharing very much.

4. Get relaxed
Unbelievably, some people says “I feel very relaxed when I watch color bar!” especially in Japan.
I think they will become very pleased if they get and use this app.

Although this app seems to be simple or useless app, in actuality it has various uses and many users can enjoy this app. I strongly think this app is well worth publishing.

日本語訳は面倒臭いので載せません。暇な方は訳してみてください。来年のセンター試験の題材にしてもいいのよ。

何がいけなかったのか

実は今回、結構丁寧に「審査用メモ」を書いてました。それも英語で。書いた内容はざっと

  • このアプリの制作に至った背景
  • アプリ全体の概要
  • 各画面の役割
  • 各画面での操作方法(こういう操作をするとこうなるよという説明)

といったところ。

だから正直メタデータ却下(説明不足)でリジェクトされたら情けないなあって思ってたんだけど、「ユーザーがこのアプリで何で幸せになるのか」が足りてなかった。勿体無い。
5000兆円アプリはそもそもわけがわからなさすぎてこういう質問がなかったんだろうなあ。

ということでiPhoneアプリを審査に提出するみなさん、「ユーザーがこう使ってこう幸せになるんだよ」とちゃんとApple様に伝えてあげてください。

いやー企画って大事ね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。