サロンパスを内くるぶしの下に貼って寝ると死ぬ(かもしれない)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

抗うつ剤減薬したら病状悪化して1ヶ月近くぐったりしてました。お久しぶりです。

少し前にTwitterでにわかに話題になった「足裏サロンパス」。筆者もちょくちょくやってる。しかしこの足裏サロンパス、やり方を間違えると冗談抜きで命を落とす可能性がある。

サロンパスを貼った途端に強烈な寒気に襲われる

「血管たくさん見えてるしここに貼ったろ(ペター)」

普段は特に何も考えずにサロンパスを足裏に貼っている筆者。しかし昨夜は何を思ったかこんな思考に至ってしまった。

内くるぶしの下に血管たくさん浮き出てるしここに貼ったらもっと効くんじゃね?」

サロンパスに血行を良くする働きがあるのなら、のっぺらーとした足裏に貼るよりも血管がはっきり見えている場所に貼ったほうがいいんじゃないの?という発想である。
ちなみに後で調べたら、足に血管が浮き出ているのは「下肢静脈瘤」という病気らしい…

知ってください下肢静脈瘤のこと | 下肢静脈瘤について

サロンパスを貼って数分で異変が起こる

効果は悪い意味で抜群だった。

内くるぶし下にサロンパスを貼って布団に入ってすぐに、足がそわそわする感覚がする。とはいえ苦痛に感じるわけではないので「おおこりゃ効果覿面かな」とヘラヘラしていた。

しかし布団に入ってわずか数分、突然強烈な寒気に襲われる。全身の震えが止まらない。こんな真夏の時期だというのに、突然真冬の寒空に放り出されたような感覚。
すぐに収まるかなあーと思ってしばらくそのままにしていたが、10分以上経っても寒気が引かない。

さすがにこれはまずいと思い、どう考えても原因と思しきサロンパスを剥がす。そのあともしばらく寒気が続いたが、30分くらいで無事寒気は無くなった。

あまりメジャーな副作用ではないっぽい

怖くなったんですぐさまサロンパスの副作用について調べてみたが、出てくるのは「光線過敏症」「スティーブン・ジョンソン症候群」「臓器障害」と心当たりのないものばかり。

ただ「サロンパス 寒気」で検索すると、ほんの数件だけ同じような症状で苦しんだ人の話がヒットする。

一度に貼りすぎると寒気がしました|えいぽん

上の話は条件状況ともに自分のケースとぴったり合致する。この人は結局サロンパスを貼りっぱなしにしたようだけど。

また、湿布タイプでなくスプレータイプの「エアーサロンパス」を使って寒気に襲われたという話も見かけた。

しかしいずれにせよ、サロンパスによる寒気は広く認知されているような副作用であるわけではないようだ。
実際サロンパスの箱の裏にも「寒気」「悪寒」という文字は見当たらない。

異変を感じたらすぐ剥がそう

今回の一件は、決して「足裏サロンパスは危険!やめるべき!」というメッセージを発するものではない。
たまたま自分(とごく一部の人)だけに起こった現象かもしれないし、なにせ一度しか経験していないのだから「この使い方は危険!」と断定できるものではない。

ただ、もしサロンパスを貼ってすぐに強烈な寒気に襲われたらすぐに使用を中止するべきだ。もし放っておいたら本当に凍え死んでしまうかもしれないし。

あまりにも爆発的に広まった手法だけに、十分注意が必要だと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。